はっきりいってホントに関係性を
壊すのに威力抜群の言葉です。

なぜやらないの?
なぜできないの?

なぜしっかり教育できないの?
という会話が夫婦であれば
バトルモードに入るでしょう。

なぜ宿題をしないの?
この会話がでる土台には、
子供への不満や、
宿題はやるべきだからやりなさいという
ジャッジが入ってるのではないでしょうか?

表面的に優しく質問しても子供は敏感です。
コミュニケーションを断然します。
言い訳や言い返す事をして、
親の言葉は響きません。


さらに恐ろしいのは
しかるためにあえてする質問です。


なぜ宿題をしないの?
「部活が忙しくて..」
だから言ったでしょ!
部活なんかやめなさい!

親は子供が言うであろう答えがわかっていて
あえて質問して正論っぽく叩きます。
最初から叩き潰すつもりで質問しているのです。

これでは逃げ場がありません。
必ず怒られるのです。

怒られることがわかっていれば
答える気にもならないのです。

親も成果が出ないことにイラつき、
どんな言い分も認めないぞと、
言葉で言い負かせてしまうのです。

これでは心を閉ざします。

ではどうしたらいいのかというと、
「なぜ?」を「何が?」に意識と言葉を変えるのです。

大事なのは小手先だけでなく意識まで変える事です。
宿題をしないことへの不満でなく、
なぜ宿題をしない価値観があるのだろうと
好奇心から子供を観察する意識です。

そうすれば必然と
何が宿題をしない原因だったんだろうと
言葉が変わるのです。

そして様々な言い分があると思いますが、
「そうなんだ」と、そんな考え方もあるのだと受け入れます。
子供が「勉強嫌い」といった時にわかるーといいった時、
でもこうやって克服したよというストーリーがあれば効果的ですが、
なければ子供は、大人も嫌いな勉強を子供にやれっていうのは
おかしいと思うはずです。

「そう考えてるんだね。」
「では今後どうしていきたいの?」
と質問がきて、
自分の中にある答えの深堀りへつながるのです。