誤解ないようにお伝えすれば、

まずは勉強のやり方を知る事は必須で大事な事です。

ですがやり方を一生懸命教えてるのに

全然身に入らない時ってありませんか。

答えからいえば、

やり方を覚えてもそもそも

勉強する気がないからやらないのです。

その状態で勉強しろといっても無理やりですよね。


大人だって、興味もないのに

「会社経営を勉強会しろ。

実際に経営しなくとも

それがあなたのためになるんだ」

とガミガミいわれてもやる気にならないですよね。


学生でいえば、

良い高校に受かるために勉強の仕方を

工夫しようという「行動」にフォーカスした状態です。

勉強への熱意、エネルギーが伴っていれば問題なしです。

ですがエネルギーがないときは

別のものにフォーカスしていきます。



それは「在り方」です。
言い方をかえると「目的」といえます。

勉強への目的、

動機付けを子供の中に芽生えさせる事です。

ただしこれも親の価値観で

無理やり動機付けさせようとしてはなりません。

動機の源は子供の中にあります。

そのスイッチを入れる手伝い、情報提供、

肯定的な影響を与える関わり合いが大切です。



子供へはこんな意味を込めた

質問をいろんな角度からします?

「誰のために、何のために、なぜ勉強をするのか。」


人によっては、

親におこられないため。

親に認めてもらいたいため。

周りのみんながやってるから。

友達よりよい成績をとりたいから。

偶然好きな単元の箇所があったから。

お金稼ぐために社長になりたいから。

特定の職業に就きたいから。

などいろいろあります。


夢のために勉強頑張る時は

その本気度にもよりますが

エネルギーはでますし輝いて映りますね!

大人も一緒だと思います!


また中学生はまだまだこれから夢を育んでいくので、

中学生3年間で夢を決めなくても良いと思います。


ここでは大人の関わりや
「在り方」にフォーカスする事が
大事だというお話です。


今興味をもってるのは何?

「ゲーム」

どこが楽しいの?

「キャラが強い」

もっとゲームを楽しくするには?

開発者だったらどうする?

「こんなふうにキャラ作って、

こうでこうで...。

自分で開発してみような」

ここで開発のための試行錯誤が始まります。

そしてゲームの開発するには

理数系の勉強頑張るとよいよ!

そしてそのためにはこの大学目指して、

そのためにはこの高校目指して...

などという会話が生まれます。



これは一例で、

意欲を引き出すのは簡単ではありません。

しかしフォーカスした関わりあいから

意欲が生まれるのは間違いありません。